アレルギーの薬で悪夢を見る?!

横浜市立大学でカレーアレルギーの原因特定

カレーを食べることで毎回蕁麻疹、皮膚の赤みやかゆみ、くしゃみや咳、ゼイゼイ、呼吸困難、口やまぶたなどの腫れや違和感、腹痛・下痢などが出る場合に疑わなければいけないのがカレーアレルギー。

ただ、一言にカレーアレルギーといっても、カレーの中には多種の成分が含まれているため、そのどれに反応をしてしまっているのかをきちんと知る必要があります。
カレーに含まれる成分の一部は当然他の食材にも含まれる可能性があり、それを知らずにカレーだけ気をつけていても、他の食材に実際にアレルギー症状を起こす成分が含まれている場合にはそれを摂取したすることでアレルギー症状が出ることがあるからです。食物アレルギーは通常、食べる回数を重ねるごとに症状は悪化していきますので、知らずに食べ続ければ終いにはアナフィラキシー症状を起こして命に関わる事態になることもあるので危険です。

カレーは作る人や店によって成分が少しずつ異なってくるので、原因の特定は必ずしも容易なことではありません。
ただ共通の成分はあります。
一般の病院でも外注でアレルギー検査はできますが、細かい成分の特定とまでいくとやはりもっと専門性が高くないと難しくなってきます。

横浜市立大学の皮膚科はアレルギー専門医が多く在籍しており、食物アレルギーのほかにアトピー性皮膚炎、じんましん、接触皮膚炎、薬剤アレルギーの診断治療を得意としています。
また大学病院であるため、他の一般病院では難しいような、アレルギーを起こす抗原・アレルゲンの詳細な検査も行うことできます。
子供の場合にはと横浜市立大学小児科での相談も可能です。

卵、えび、などのように食材そのものに反応が出る場合は診断が容易ですが、カレーアレルギーのような多種の成分が含まれる食品の場合には横浜市立大学などのような高次機能病院への紹介受診が必要になることがあります。